洗顔の後の化粧水や乳液

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。



きちんとした使い方をしないと、せっかくの効果も半減してしまいます。



顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。



肌に水分を与えます。



もし、美容液を使うときは化粧水の後になります。



最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、お肌の補水をしっかりとしてから乳液やクリームでフタをしていくのです。



アンチエイジング成分配合の化粧品を使うことで、しわ・シミ・たるみのようなお肌の老化をゆっくりにすることができます。



しかし、どんなにアンチエイジング化粧品を使用していても、身体に悪い生活ばかりしていては、肌の老化に追いつけずその効果を感じることはできません。



肌に体の中から働きかけてケアすることも重要ではないでしょうか。



オイルはスキンケアに欠かせないという女性も増えてきているのではないでしょうか。



毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力をグンと上げることができると話題です。



オイルの種類を変えることによっても効き目が違いますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルをぜひ使ってみてください。



オイルの質によって左右されるので、大切なのは新鮮なものを選ぶことです。



お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。



ですが、お肌に内側からケアをするということももっと重要です。



食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、タバコを吸うといった生活をしていると、高価な化粧品を使用していても、肌の状態を悪化させる一方です。



規則正しい生活をすることで、体の中からお肌に働きかけることができます。



乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことはお肌の水分を保つことです。



そして、程よく皮脂を残すというのも忘れてはいけません。



自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。



あと、洗顔のときのお湯についてですがヒリヒリするような熱さではダメです。



保湿ももちろんですが自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。



スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また肌に水分を与えることです。



肌に汚れが残っていると肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。



そして、肌の乾燥も外部の刺激から肌を守る機能を弱体化させてしまうので、絶対に保湿を行ってください。



でも、潤いを与えすぎることも肌にとってよくないことになります。



スキンケアで特別考えておかないといけないことがきちんと汚れを落とすことです。



メイク落としをしっかりしないとカサカサ肌になってしまうかもしれません。



けれど、丁寧すぎるほど丁寧に洗ってしまうと、肌をきれいに保つのに必要な皮脂までを取り除く結果になってしまって、肌の潤いが無くなってしまいます。



それから、余分なものを落とすことは適当に行うものでなく、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。



スキンケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、肌を刺激するような成分をなるたけ含んでいないということが最も大切です。



刺激の強い成分(保存料など)はかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、配合成分について、よく確認しましょう。



また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので自分の肌にあったものを選びましょう。



ここのところ、スキンケアにココナッツオイルを利用する女の方が劇的に増えています。



化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。



他にも使い方は様々で、メイク落としに使っている方、フェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。



もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアに効果があります。



ですが、質に関しては良いものをこだわって選びたいですね。



お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。



オリーブオイルでお化粧落としをしたり、マスクのように包み込んでみたり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。



とはいえ、上質のオリーブオイルを利用するのでなければ、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。



そしてまた、少しでも変わったことがあればただちにお肌に使うのはやめて下さい。


  

Posted by hfjdureir at 14:55Comments(0)

自然とダイエット

冬は寒くて、身体が脂肪をため込むイメージがありますよね。

だから正月太りとかよくいってますし・・・。

反対に夏は気温も高く、暑いし汗をたくさんかくし脂肪が燃焼されているイメージがありますよね。

でもこれ間違っているんだそうです。

冬は基礎代謝が上がる時期で、一年の中で一番痩せやすい時期で、ダイエットにぴったりなんだそうです。

人間は、つねに体温を36度にキープしておく必要があります。

だから外が寒いと体が頑張って体温を上げようとするんです。

だから基礎代謝があがるんです。

夏のように暑い季節は努力をしなくても体温をたもてるから、身体はカロリーを消費して熱をつくったりしなくてよいのです。

身体も冬よりがんばっていないってことですね。

でも冬は太っているのはなんですが・・・。

やはりこれには、しっかりとした原因があるようです。

寒いと身体が基礎代謝をあげようとがんばっているんですよね。

でも冬で寒くても、ずっと暖かい部屋にいれば、代謝をあげようと頑張る必要もなくなってしまうんです。

暖かい部屋で、食べたり飲んだり、ほぼ動かずにいれば、それが太る原因なのです。

寒さにまけず、散歩にでかけたり、寒い冬こそ、身体を動かすと、それが自然とダイエットになっているのかもしれませんね。  

Posted by hfjdureir at 18:02Comments(0)

おしり歩きがダイエット

床に座って、足を前に揃えて伸ばし、あとはおしりであるだけのおしり歩きがダイエットに効果があるようです。

おしり歩きは、一番に骨盤矯正力が高いというところです。

骨盤の上に上半身の体重が完全に乗った状態えやるので、上半身の重みが強制力となるみたいですね。

骨盤周辺の運動を一日5分から10分程度継続すると太りにくい体質へ変化するのが骨盤ダイエットの特徴だそうです。

骨盤周辺の筋肉をたっぷりとつかって骨盤底筋や腹斜筋をきたえることで、おなかぽっこりを改善したり、うえすとをひきしめる効果があります。

簡単なエクササイズではおちにくい、おしりの脂肪が燃焼しやすくなるようです。

骨盤周辺の筋力をアップすることで脂肪をとりのぞくことで、腰痛改善にもなります。

また深部の筋肉を動かすことによって、血行がよくなり、冷えや肩こりの解消にも効果があるそうです。

またお腹の中に刺激が加わり、腸の動きが活発になって便秘の予防にもなるそうです。

骨盤は体の中心部にあります。

その中心部がゆがんでいることによって、いろんな不調がおこるのかもしれませんね。

その中心の原因を元に戻すことによって、また新しい身体が作られるかもしれません。  

Posted by hfjdureir at 18:01Comments(0)

小麦粉抜きダイエット

パンやうどんはお米にくらべて太りやすいとよくききます。

パンやうどんは小麦粉からできていますよね。

小麦粉は水を加えてこねるとグルテンというたんぱく質がうまれるそうです。

このグルテンにふくまれる「グリアジン」という物質には、食欲を促進させる働きがありそうです。

そしてアミロペクチンAというでんぷん質は、血糖値を急上昇させ、インスリンの分泌を増やしてしまうのです。

それが、太りやすい体質になってしまう原因だそうです。

それ以外にも、人によっては、肌荒れ、慢性的な無力感、慢性疲労、集中力や体力の低下をひきおこしてしまうそうです。

なので、このグルテンをぬくことで、痩せやすい体質に作ることができのだそうです。

小麦粉抜きダイエットともいうようですが・・・。

炭水化物を抜くわけではないので、多少はらくかもしれません。

でも小麦を抜くことで、体重がおちるだけではなく、体調がよくなったり、肌もきれいになって、つるっとした方もいるようです。

日々の食事をうどんからそばにかえたり、パンやパスタを控え洋食を和食に変えたり、唐揚げを焼き鳥にするといった、少しの工夫で大丈夫なんです。

日々に食生活の中で、ほんの少し工夫するだけで、健康にも美容にも良い事がたくさんあるのかもしれませんね。  

Posted by hfjdureir at 18:00Comments(0)

ドローインダイエット

NHKでも紹介されていたみたいですが、お腹をへこませるだけで、おなかがへこむという「ドローインダイエット」なるものが、あるようですね。

ダイエットにきょうみはあるもののあまり大変なダイエットは、あまりやる気もおこならいんですよね・・・。

そんな私がちょっと興味をもったダイエットではあります。

このダイエットは、お腹をへこませることで、横隔膜に縮んだ状態を記憶させて、その状態をキープすることで、ウエストがしぜんと減少すると言われています。

ドローインの方法は常にお腹をへこました状態で、呼吸を行う腹式呼吸に近いようです。

立った状態、仰向けに寝て、あしを骨盤の幅に広げて、膝を90度くらいに曲げた状態がやりやすいのだそうです。

立った状態の場合は、背筋をピンとのばして、呼吸を止めないで、下腹からお腹を限界までへこませるそうです。

これを30秒を2セット程度でよいそうです。

時間があってもなかなか気合が入らないとダイエットのエクササイズってできないですよね。

でもこれなら、ちょっとした時間にさらっとできそうなので、めんどくさがりの私でもできそうなきがします。

事務職の私ですが、座りながらもできるし、トイレにいったときにも、ストレッチ代わりとしてもできそうです。  

Posted by hfjdureir at 17:59Comments(0)